ワクワクする、ギフトにピッタリ瓶詰めの世界

ギフト用に瓶詰めを選ぶ ときのわくわく感

瓶に入った食べ物って、どうしてあんなに魅力的なので しょう。
瓶の形、模様もさまざま。その中に詰まった未知の食べ 物。
自分用にも、ギフト用にも、選ぶときのわくわく感は格 別です。

今回はギフトにぴったりの瓶詰めをご紹介します。

瓶詰め専門店もある

瓶詰めと聞いて何を想像しますか?甘いものだと、ジャ ム、プリンなど。
しょっぱいものだと、塩辛や佃煮も。
瓶詰めだけで、豪華なディナーになりそうですよね。

そんな魅力的な瓶詰めですが、瓶詰めだけを集めた専門 店もあるんです。
ツナを缶ではなく瓶詰めにした「おつな」では和食にも 洋食にも合うツナ、例えば、「えごま味噌」だったり 「ドライトマト&バジル」だったりを揃えています。
瓶 から見える中身が、味の想像をかきたてます。

可愛いネコの瓶に入ったジャムが愛らしい瓶詰め専門店のくまごろう。
ジャムやシロップは、全て長崎県の五島産。
旬のものを旬の時期に加工しているとのこと。
瓶詰めの良さは、保存がきくのに旬のものが食べられる、というところがありますね。

中身が見えるのに、味が想像できない

瓶詰めは、中身が見えても味が想像できないものがあるのが、またいいんですよね。
帆立のたまごを使った(帆立のたまごの時点でどんなものかわからない)
「ほたての卵のおかず味噌」という瓶詰め商品があります。
スキマから覗く中身を見てみると、佃煮とかウニのような雰囲気。
どうやら、食べてみると本当にウニのような味だそうです。

ほたての卵に醤油や米麹、砂糖、酒と唐辛子だけで加熱して練り込んだペースト状のもの

ippin〜ほたての卵味噌和えのパスタがウニ味に変わる不思議な旨さ〜


ということ。帆立のたまご自体がとても貴重なようで人気商品だそうです。
そんな商品が、なんと無印良品で買えちゃうんです。
無印良品では、「諸国良品」という、日本各地の名産品を取り揃えたシリーズもあるんですよ。魅力的な瓶詰めもたくさん!

ほたての卵のおかず味噌

ギフトにおすすめ瓶詰め~おかず編~

今まで贈り物で瓶詰めをいただくことが多く、いただいたことを機に自分でもリピートしている商品がいくつかあります。
私の場合は、全て「おかず系」瓶詰め!ご飯のお供に最適なんです。
そんなオススメおかず系瓶詰めをご紹介します。

鰹節屋が作った食べるシリーズ

日本一のカツオ水揚げ量を誇る静岡県焼津市。削り節の老舗店が、試行錯誤で生み出した「食べる調味料」シリーズです。
私がいただいたのは、「食べるだし醤油」と「食べる梅ぽん酢」。
食べる調味料は、一時期ブームになっていましたが、だいたい味に飽きてしまうんですよね。
新丸正さんが出しているこのシリーズは、飽きがこない味で、いろいろな料理にも使えて便利です。
だし醤油は、米こうじで作ったもろみがベースになっています。
醤油に漬け込んだごろっとした大豆が入っていて、食感も楽しい。
しっかりとおかずになる味です。
梅ぽん酢は、カツオ節の旨みと、梅肉の酸味がマッチして、ご飯はもちろん、お豆腐にかけても美味しいですよ。

食べるポン酢と食べるだし醤油
冷奴に食べる梅ぽん酢

あっという間のバターカレー

バターチキンカレーの味をイメージして食べるとビックリします(笑)よ~くラベルを読んでみると、
「味付けカレーにんにく」。カレーではなく、カレー味のきざみにんにくなんですね。ご飯にかけるときも、カレー感覚でかけてしまうと
食べた後人に会うのを躊躇してしまうくらい!
かなりアクセントになる調味料なので、例えば餃子にかけてガツンと食べたり、サラダにかけて食べるのもオススメです。
カレーもニンニクも大好きという人にはたまらない一品。

あっという間のバターカレー
バターカレーをご飯にかけて

げんき本舗 えひめの野菜ピクルス

愛媛県の名産、太陽をいっぱい浴びた柑橘類。
そのまま食べてもおいしいフルーツですが、野菜と一緒にピクルスにすると、また旨味と爽やかさの相乗効果でさらに美味しくなるんです。
ブラッドオレンジ×野菜のピクルスは、愛媛県さんのブラッドオレンジに、国産のゴボウやニンジン、しめじなども入って、甘酸っぱくさっぱり食べられるピクルス。見た目の鮮やかさが、料理を彩ります。
瓶に入った姿が美しいので、そのまま飾っておきたいくらい!
パーティーのオードブルにもピッタリで、瓶からお皿に移して、そのまま出すだけでもおしゃれですよね。

えひめ野菜のピクルス

ギフトにおすすめ瓶詰め~スイーツ編~

瓶詰めスイーツ編は、私がギフトでいただきたい、夢のスイーツ瓶詰めです。
甘い瓶詰めは、中身の美味しさはもちろん、見た目がロマンティックで可愛いものが多いんですよね。
食べ終わった後の容器はもちろん再利用(笑)
そういった意味で、特に女性に喜ばれる瓶詰めスイーツをご紹介します。

坂上の猫プリン

まさに瓶のジャケ買い。ダヤン風の猫ちゃんが愛らしい、坂上の猫プリンです。
猫みたいな生き方に憧れるんですよね。
体も心もガチガチになってしまった時、リラックス上手な猫をお手本にして欲しいというオーナー夫妻の思いが込められているこのプリン。
愛媛県産の新鮮な卵を牛乳を使用した、無添加の優しいお味。なめらかな食感で後味が心地よいんですって。
このプリンを食べたら、嫌なことも忘れて猫のようにのんびりした気持ちになれそう。

マカロン・エ・ショコラ マカロンボーロ

瓶の中には色とりどりのミニマカロン!食べずにそのまま飾っておきたいほどキュートな見た目です。
西荻窪にあるオリジナルマカロン専門店「MACARON ET CHOCOLAT」の大人気商品マカロンボーロ。
マカロンの生地にさまざまなフレーバーを練り込み、小さく絞って焼き上げた新感覚のスイーツ。
これが瓶の中で色とりどりにひしめき合って、なんとまぁ可愛いこと!
口いっぱいにいろいろなマカロンを食べるなんて夢のような食べ方も。
乙女心をくすぐります。

Takano Farm エアリースイーツ

山梨のフルーツ農園「Takao Farm」が作る、フリーズドライ加工の完熟フルーツ!
自然の甘さと、フリーズドライ加工なのに食感が柔らかく、驚くほどジューシーとのこと。
ドライフルーツが苦手な人でも美味しく食べられる味ということで、ますます気になります。
瓶に入ったフルーツはまるで宝石のよう。
見た目も上品で、ラグジュアリーな雰囲気。
甘いものが苦手が人にはもちろん、甘いものが好きな人でも、自然の甘さが際立つ体に良いものを贈れるのは嬉しいですね。

まとめ

もらう方もあげる方も、心をときめかす瓶詰めの世界。
保存用として受け継がれてきたツヤツヤと輝く重厚な姿に、ノスタルジーすら感じさせます。
見た目で楽しんだあとは、中身で楽しみ、最後に空になった瓶を見て楽しむ。
3段階の楽しみができる瓶詰めならではですね。
ぜひ、ギフトを選ぶ際に参考にしていただけたら嬉しいです。