夏キャンプで作ろう!そうめんを使ったアウトドア料理レシピ3つ。

早くも梅雨に入りましたが、梅雨が明けたら夏がやってくる!これからの時期たべたくなる美味しいものといえばそうめん。お中元でいただいたりとおうちに残りがちなそうめんで、立派なキャンプ料理がつくれます。キャンプでそうめん?と驚かれるかもしれませんが、実際に作ってみたら外で食べるそうめん、とても美味しいですよ!

夏のキャンプにそうめん料理、ぜひ作ってみてください。

キャンプ料理に、そうめん(またはひやむぎ)を使う理由

今回そうめんを使う理由は、なんといっても茹で時間が早いから!それとパスタの場合長さがあるので折ったりしないとアウトドア用の鍋に入らないことがあると思います。そうめんだとすぐに柔らかくなるので割と小さな鍋でも茹でやすいですよ。なので今回はパスタではなく、そうめんを使ったアウトドア料理をご紹介します。キャンプで麺料理があると豪華になりますね。

そうめん料理を美味しく作るコツ

今回は、先に美味しく作るコツをお伝えします。茹ですぎないこと、は麺料理全般に当てはまるので、それ以外です。それは・・・

そうめんをしっかり水洗いすること。そばと同じように、流水でもみ洗いをしてぬめりをとる必要があります。これが最大のコツ。そしてその後しっかり水を切ること。

これができれば、美味しくできることは間違い無いです。簡単でしょ?

そうめんとひやむぎの違い

実はこの後ご紹介するレシピの2つは、そうめんではなくひやむぎで作りました。なぜかというと、その時家にあったから(笑)。そうめんとかひやむぎって、賞味期限が長いので、いただきものがちょっと残ってるとかありますよね。わざわざ買ってくる必要はないと思いますが、今回は炒めるので太めのひやむぎの方が扱いやすいかもしれません。

ちなみに、そうめんとひやむぎの違いってなんだか知っていますか?

JAS(日本農林規格)では、麺の太さによってひやむぎとそうめんを分けています。もともと製法が異なるものだったのですが、機械で乾麺を製造するようになった今では、作り方だけで区別できなくなったので太さで区別しています。手延べの場合は、1.7mm未満ならどちらをなのってもいいらしい。

そうめん・・・太さ直径1.3mm未満の麺
ひやむぎ・・・太さ直径1.3mm以上〜1.7mm未満の麺

素材は同じで、太さだけが違うんですね!だとしたら食感とか好みによって使い分けるだけでいいですね。美味しい手延べそうめんと言ったら、そう!揖保乃糸。有名どころです。

実は長崎県島原も手延べそうめんは全国の30%をシェアするトップブランドです。今回は島原の冷麦を使いました。とっても美味しかった。

そうめんを使ったアウトドア料理レシピ

アウトドアそうめん料理レシピ1「簡単時短!鍋一つdeそうめんチャンプルー」

出典 :クックパッド「簡単時短!鍋一つdeそうめんチャンプルー」

こちらは、こじまぽん助さんという方の、そうめんチャンプルーレシピ。アウトドア向けのレシピとして、野菜とそうめんを一緒に茹でちゃうという超時短&鍋ひとつでできちゃうものを選んでみました。野菜多めで本場沖縄仕込みとのことなので美味しそうですね!

詳しいレシピはこちらから

アウトドアそうめん料理レシピ2「そうめんのパスタ風レモンバターソース」(動画あり)

パスタ風に仕上げたそうめん料理。見た目もオシャレに仕上がります。簡単に作れて、かつ、このソースが絶品なので、一度は試して欲しいです。

【材料】


そうめん 100〜125g
桜エビ(なければベーコンなどでもOK)15g
レモン(できれば国産) 1/2個
ニンニク 1カケ 
バター 20g

オレガノ(あれば)適量
塩・胡椒

※こちらの画像は、レシピ3のレモンそうめんも合わせた材料となっています。桜エビは15gにしてありますが、あとで足した気がする・・・多めが美味しいですよ!

【作り方】

  1. そうめんを茹でる。
  2. 茹で上がったら、流水でよくもみ洗いして水気を切っておく。
  3. レモンは絞り、種を取っておく。オレガノはざくぎりに刻んでおく。にんにくはみじん切りにしておく。
  4. 鍋またはフライパンに、バター、ニンニクを入れ、いい香りが出るまで炒める
  5. レモン汁を入れて、よく混ぜて乳化させる
  6. 桜エビを加えて、少し炒めたら、そうめんを入れて鍋の中でソースを絡ませながら炒める。
  7. 塩、こしょうで味を整える。
  8. 器にもり、オレガノをまぶしたら、レモンを飾る。

上記のレシピ2と3の詳細レシピは、記事下の動画に載せています。

アウトドアそうめん料理レシピ3「さわやかレモンそうめん」(動画あり)

レモンがたくさん入って味も爽やかですが、見た目も美しいレモンそうめん。いわゆるそう麺つゆは使わず、洋風に仕上げたレシピです。こちらもとても簡単ですが、日差しの強くなる夏キャンプ、冷たい麺がとても美味しく感じます。レモン酸味がいい感じ。見た目がよいのでレモンの薄切りをたくさん飾りましたが、半分くらいでも十分爽やかな酸味がでます。この記事の最後に動画を載せておきますので、より詳しい調理方法は動画をご覧ください。

【材料】

そうめん  100~125g
レモン (できれば国産) 1/2個
氷    適量
コンソメ 1個
お湯   150ml    
お好きな葉っぱ(今回はパクチー)適量

【作り方】

  1. そうめんを茹でる。
  2. 茹で上がったら、流水でよくもみ洗いして水気を切っておく。
  3. お湯にコンソメを溶かしてスープを作り、冷ましておく。
  4. レモンを薄切りにする。
  5. 3のスープにそうめんを入れ、氷を浮かべる。
  6. 薄切りにしたレモンを飾り、オリーブオイルを回しかけ、最後にパクチーをのせる。

そうめんのパスタ風レモンバターソースと、さわやかレモンそうめんの動画

上記のレシピ2と3の詳細レシピは、こちらの動画に載せています。

出典:ユノートルアウトドアライフ「本日のアウトドア料理」

夏キャンプで、美味しいそうめんを食べよう!

キャンプ料理は、いつもと違うものを作ると一味違ってまたキャンプも楽しくなりますよね。アウトドアだけじゃなく、お昼にも簡単にできるのでおうちで作ってもらってもいいと思います。今年の夏は、ぜひそうめん料理試してみてください!

それでは、キャンパーの皆さん、素敵なアウトドアライフを!