美味しいアイスコーヒーの作り方のコツと、有機オーガニックリキッドコーヒー4選

私たちの運営するカフェ「キッチンユノートル」では、夏はアイスコーヒーが人気です。オリジナルブレンドのコーヒー豆を使って、香り高いハンドドリップでご用意しています。

実はアイスコーヒーは、ホットコーヒーとは作り方に違いがあることはご存知でしょうか?この違いが美味しいアイスコーヒーができるかどうかに関係してきます。

今回の記事では、アイスコーヒーを家で作るとなんだかパッとしない、美味しくないという方に、ハンドドリップで美味しく淹れる作り方のコツをお伝えします。コーヒー好きな方でもアイスコーヒーまでは淹れたことがなかったという方にぜひ読んでいただけると、夏も美味しいコーヒーが楽しめると思います。

また、自分でドリップしなくてもおうちでコーヒーが楽しめるような、リキッドタイプのアイスコーヒーを厳選してみました。ギフトに贈っても喜ばれる有機・オーガニック・カフェインレスなどのアイスコーヒーがあると、夏のおうちカフェタイムはもっと充実したものになります。

カフェオーナーが教える、アイスコーヒーの作り方のコツ。

そもそも、が違うんです。

暑い季節になると、冷たい飲み物が飲みたくなります。いつもはホットで入れているコーヒーも冷たい方がいいなと思い、常備していた豆を使ってコーヒーをドリップ。氷で冷やして飲んでみました。

「ん?美味しいけどなんか物足りない、味がぼやっとする感じ?」

「いつもよりも、なんだか味が薄いような・・・。」

そんな経験はありませんか?

水の量が多すぎた等の理由もあるかもしれませんが、実はそもそもホットコーヒー用の豆と、アイスコーヒー用の豆に違いがあるのです。

なぜ違うのかというと、それは人の味覚が冷たいものと温かいもので感じ方が異なるから。冷たいものは苦味は感じにくく、酸味は感じやすい。なのでアイスコーヒー用では、より苦味が強くなる”深煎り”の豆を使うことが多いそうです。

私たちのカフェでは、同じブレンドのコーヒーでもホットコーヒー用の豆とアイスコーヒー用の豆を2種類をご用意して提供しています。冷たく飲んだ時に美味しいように焙煎度合を変えていただいています。

ということで、カフェオーナーが教えるアイスコーヒーの作り方のコツ①は、アイスコーヒー用につくられた豆を使うこと。もしくは深煎りの豆を使うこと。

ただし、必ずしもホットコーヒー用の豆をアイスコーヒー用に使えないわけではなく、好みによりそんな使い方をするのもアリだそうです。また、アイスもホットもどちらもOKという豆も売っています。色々実験してみるのも面白そうですね。

2倍の濃さで作る。

最近では、トニックや炭酸を加えたコーヒードリンクも増えてきましたね。こういったドリンクはコーヒー風味はあまり強くはありません。

一風変わったコーヒードリンクももちろん美味しいですが、アイスコーヒーを飲むならやっぱりキリッとスッキリ苦味や酸味などコーヒーらしい味を楽しめるのが醍醐味ではないでしょうか。

残念ながら美味しくないな~と感じるのが、味の薄いアイスコーヒー。冷たく飲む以上氷で薄まってしまうのは避けられませんので、氷を入れる前提でアイスコーヒーを作る必要があります。

そのためには、いつもの2倍の濃さでドリップすること。

粉は「2杯分」

抽出量は「1杯分」

こうすれば、しっかり濃いめのコーヒーの出来上がり。氷で薄まることを前提の濃さでドリップします。

一気に急冷すること。

もう一つ大切なのは、冷やすことです。

ドリップする際に、サーバー内に氷をあらかじめ入れておくか、ドリップ後すぐにたっぷりの氷を入れて急冷します。できたてを一気に冷やすことが大事。香り高い美味しいコーヒーになります。逆に冷やすのに時間がかかると、風味が飛んで強い酸味が出たりしてしまいます。

アイスコーヒーの値段が高い理由。

さて、アイスコーヒーの美味しい作り方のコツを3つご紹介しました。ところで、喫茶店やカフェ、スターバックスなどのコーヒーショップ、コンビニにもアイスコーヒーは販売されています。どこのお店でもホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が価格が高くなっていますよね。

もうお分かりかと思いますが、美味しい作り方のコツに記述したように、使うコーヒーの量が多いこと、氷をたくさん使うこと、ホットコーヒーよりも手間をかけて入れていることなどから、どうしても価格が高くなってしまうのです。

丁寧に入れたアイスコーヒーは格別に美味しいです。そんなことを踏まえて、美味しいアイスコーヒーをぜひ作ってみてくださいね!

手軽に飲める、リキッドのアイスコーヒー。有機・オーガニックのものを厳選

もちろん、ドリップしたばかりのアイスコーヒーの美味しさに勝るものはないとは思いますが、もう少し手軽に飲めるのはリキッドタイプのアイスコーヒー。最近は有機・オーガニックのものもたくさん出ています。

個人的には、無糖のリキッドコーヒーにたっぷりのミルクを注いだカフェオレが大好き。そのままブラックでスッキリ飲めるし、カフェオレも楽しめるリキッドタイプのアイスコーヒーを選んでみました。

なかなか外出できない、カフェに行けない時、家でゆっくり楽しみたいそんなアイスコーヒーです。

POPCOFFEESオーガニック リキッドコーヒー 1000ml

”ライフオーガニックスタイルコーヒー”という新しいコーヒースタイルを提案する、福岡のPOPCOFFEESさんのオーガニックリキッドコーヒー。自然環境を破壊しない有機栽培で生産、途上国の生産者の自立を支援するフェアトレードで輸入されたコーヒーを通じて、永続的な人と自然の共存を考えているそうです。

私たちユノートルも共感するサスティナブルなコーヒースタイル。併設のカフェではヘルシーなベイクドドーナツがありとっても親近感が湧きました。本格ネルドリップしたアイスコーヒーはネットで購入できます。

店名ポップコーヒーズ
住所福岡県福岡市東区美和台4-6-2
電話番号092-605-0155
販売ページhttps://popcoffees.com/pop00020/
ホームページhttps://popcoffees.com/

マルトシ珈琲有機カフェインレス・アイスコーヒーリキッド

京都にあるマルトシ珈琲さん。水を使いカフェインを除去するウォーターマウンテン製法のカフェンレスコーヒーをこだわりの焙煎とブレンドで作っているそうです。珍しいカフェインレスのアイスコーヒー。可愛いパッケージも含めて女性にも嬉しいですね。

有機カフェインレス・メキシコの深煎りを使用して無糖リキッドアイスコーヒーを作りました。カフェインレスコーヒーは薄く感じたり、あまり美味しいイメージがないという声をよく聞きます。そのようなご意見から、焙煎はイタリアンローストにして、コーヒーの使用量も多く、挽き目を細かくして、アイスにしてもしっかりとした味わいを感じられるように作りました。

マルトシ珈琲HPより
店名マルトシ珈琲
住所京都市伏見区深草西浦町1丁目10番地17
電話番号075-642-4157
ホームページhttp://www.marutoshi-coffee.com/
備考現在はwebショップは休止しているようです。

ゴクゴク飲める、気軽な価格のアイスコーヒーはまとめて購入したい。

家ではたくさんゴクゴク飲みたい。数本まとめて気軽に買える価格のオーガニックアイスコーヒーをセレクトしてみました。仕事の合間やドリップする時間がない時、ふとした来客時に常備してあると便利です。

6本で1,000〜2,000円代と、かなりお手頃価格のオーガニックコーヒーです。

三本コーヒー オーガニックアイスコーヒー

横浜にある三本(みつもと)コーヒーは関東~東北地方にMMCというオーガニックカフェ等を展開しているコーヒーメーカーです。羽田・千歳・仙台と空港内にもMMC、三本珈琲店があります。

老舗のコーヒーロースターが創業から60年プロ用にホテルやレストランに提供してきたブラックコーヒーをおうちで楽しめます。

守山乳業 喫茶店の味 オーガニック珈琲

深煎り高級珈琲豆を使用し、香ばしい苦味とすっきりとした後味にこだわったオーガニックアイスコーヒー。JAS認定有機栽培豆100%使用し、JAS規格に適合した生産ラインで製造していて、安心安全なコーヒーを作っています。

まとめ

夏は美味しいアイスコーヒーが飲みたい!ということで、アイスコーヒーの作り方のコツと、有機・オーガニックのリキッドコーヒー4選をご紹介させていただきました。

アイスコーヒーを美味しく作るコツは、

1.アイスコーヒー用の豆を使う、又は深煎りの豆を使う

2.2倍の濃さでドリップする。

3.一気に冷やす。

この3つでした。

オーガニック・有機のアイスコーヒーも種類が様々あり、色々と試してみると夏のコーヒータイムが楽しくなりそうですね。お気に入りのアイスコーヒーでおうちカフェタイムを充実させて、暑い夏を元気に乗り切りましょう!ですが、美味しいからといって、冷たいものの取りすぎにはどうぞご注意くださいね。