癒し系女子向け!『見つけよう!お気に入りのひと鉢』ライフスタイルショップU2KANAYAでおすすめの小さな観葉植物6選。

女性にとって植物を育てる楽しみはいつの時代も変わらない。

植物は育てることは人間の優しさや愛情を育んでくれることでもあります。観葉植物を大切に育てている女性はきっと心も美しいのではないでしょうか?
風水などでも人気の観葉植物は、女性にとってとても大切な存在でもあると思います。前回のメンズ編につづいて、今回は植物好きな女性のためにおすすめの小さな観葉植物をご用意してみました!

カフェや雑貨を扱っていた私たちのライフスタイルショップU2KANAYAでも2022年から植物の取り扱いを始めるようになりました。
今回はそんな経緯もあって、ささやかですが私たちのショップで取り扱っている植物たちから、観葉植物を始めてみたいなぁと考えている方々におすすめの小さな植物をご紹介したいと思います。
前回のメンズ編に続きまして今回は癒し系の女性向けに今年おすすめな観葉植物をピックしてみました!!

『見つけようお気に入りのひと鉢』ライフスタイルショップU2KANAYAでおすすめの小さな観葉植物6選。レディース編

コロナ禍もあってか観葉植物の人気が急上昇してます。ライフスタイルショップU2KANAYAでは2022年から観葉植物の取り扱いを始めております。
昔から植物好きな女性は数多くいらっしゃったと思いますが、これから本格的にお部屋で植物を育てたいなぁ・・・なんて考えてる女性もまたいらっしゃると思います。
そんな女性の方々に向けて、U2KANAYAで取り扱っているおすすめの観葉植物をご紹介したいと思います。

最近は女性でも少し変わった植物に興味を示すひとも増えているようです。アガベやコーデックスもメンズだけの人気というわけではなさそうですね。^^;
それでも女性はやっぱり可愛らしいものが好き。ちょっぴり癖もある、でも可愛らしい、そんな植物達をチェックしてみてください!

女性におすすめの小さな観葉植物その1.アデニウムオベスム

まずご紹介させていただくのがメンズ編とおなじく塊根植物(コーデックス)の中からアデニウムオベスムをチョイスしてみました。
コーデックスやアガベ、ビカクシダなどはコレクターも多く特にメンズに人気の植物ですが、コーデックスのでっぷりしたフォルムはちょっと可愛げもあって、こちらのアデニウムオベスムは金額も低めでとても育てやすく女性でも気軽に始められるのではないでしょうか?

メンズ編で紹介したアラビカムはちょっぴり希少で値段も少し高額になります。所有欲の高い男性にはそういったところもおすすめのひとつだったのですが、女性はまずは可愛らしさや育てやすさが大事になってくると思いますので、こちらではオベスムの方をチョイスさせていただきました。塊根植物の中ではシンプルでわりとすっきしたフォルムになりますが、花が咲いたり葉っぱが可愛かったりと女性でもコーデックスの魅力をいっぱい感じられると思います。ちなみにアデニウムは別名で『砂漠のバラ』と呼ばれていて可愛らしい花が春過ぎくらいに咲きます!1週間ほど咲いているのでお見逃しすることなく!!

育て方は、アラビカム同様に光が好きで直射日光も大丈夫なので明るい場所で、水やりは冬以外は土が乾いたらたっぷりあげてください。冬は葉っぱを落としたらほとんど水やりはしなくて大丈夫です。暑さ寒さにも強いのでそれほど気にしないで明るい場所で育ててあげてくささい。

女性におすすめの小さな観葉植物その2.スイカペペ

続きまして女性におすすめの小さな植物ふたつめはペペロミアのアルギレイアサンデルシー、通称『スイカペペ』と呼ばれる可愛らしい観葉植物です。丸みのある葉の形とスイカに似た模様から「スイカペペ」と呼ばれ親しまれています。

肉厚で思わず触れたくなる葉と愛らしい模様で、部屋に癒しをもたらす観葉植物としても人気があります。ペペロミアはどれも葉っぱが丸っぽくなって可愛らしいのが特徴の植物で、最近人気の垂れる系のものも多く、ハンギングなどでもよく使われたりしています。最近人気急上昇のスイカぺぺをこの夏ゲットしてみてはいかがでしょうか?

育て方は多肉に近い植物なので風通しが良い明るめの場所が最適です!水やりは春から秋にかけては土が乾いたらたっぷりとあげてください。土は水捌けのよいものにしましょう!寒さにはあまり強くないので冬は屋内の暖かい場所で育ててあげてください。

女性におすすめの小さな観葉植物その3.ソフォラリトルベイビー

とっても小さな葉っぱが可愛らしいソフォラリトルベイビーも最近は人気がでています。ジグザグの細い枝に小さく丸い葉が連なる草姿は大変可愛らしく、メルヘンの木とも呼ばれています。

見た目は若干盆栽のようにも見えます。可愛らしい盆栽といったところでしょうか(笑)。なので何年もかけてじっくりと育てあげていく楽しみもあるように感じられます。もしゃもしゃと大きくなっていっても小さな葉っぱや細い枝はそのままなので、室内管理のできる小さな樹木のようでじっくりと長く育ててあげましょう!上手くいけば開花も可能で、インコのくちばしのような黄色の可愛らしい花を咲かせます。

育て方はオージープランツ系なので明るい場所で光と風通しを気にしてあげてください。意外とお水も好きなので気づいたらしっかりと水をあげてくださいね。光と風、そして水がしっかり整えば決して難しい植物ではないと思いますよ!耐寒性もかなりあるので暖かい地域な屋外での管理も可能な植物です。

女性におすすめの小さな観葉植物その4.ハオルチア

テーブルの上にちょこんと飾ることができる、本当に小さな観葉植物のハオルチアは多肉植物の一種です。ぷっくりとした多肉らしい出立ちと透き通る窓と呼ばれる半透明の葉っぱも特徴で、多肉界の美しい宝石と呼ばれています。

アロエのような姿で硬くシャープな葉を持つ「硬葉系」と、多くは透明の窓の付いたぷっくりとみずみずしい葉を持つ「軟葉系」に二分されます。プニプニとした柔らかい軟葉系のものが人気で、その中でもオプツーサと呼ばれる種類のものがとても人気があります。この美しさに心奪われる女性も多いはずでしょう。(^∇^)

多肉植物の一種ですが、そこまで強い光が得意ではありません。直射日光を避けて明るめの場所で風通しよく育てるのがよいでしょう。夏と冬は水やりを控えめに、春と秋は土が乾いたらたっぷりとあげましょう!綺麗な窓を保てるように良い場所を選んで、愛情をもって育ててあげましょう。

女性におすすめの小さな観葉植物その5.ピレアペペロミオイデス

小さなフォルムにまんまるの大きな葉っぱが特徴のピレアペペロミオイデスも最近とても人気の観葉植物です。品種ごとにかわいらしい葉を持つピレアは、鑑賞効果が高く、初心者が育てるのにもぴったりの観葉植物です。

そんなピレアの花言葉は、「少女の恥じらい」や「救われる人々」と、ポジティブでかわいらしい印象を受ける言葉です。ピレアの愛らしい見た目から命名されたといわれています。
花言葉からも多くの女性たちに人気が出る理由が分かりますね。ピレアも多くの種類がありますが、特に人気のペペロミオイデスを見つけたら、ぜひ育ててみてください!「なんだか最近は色々とうまくいかないな…」と少し気分が落ち込んでいる方も、ピレアを大切に育てていれば、救ってもらえるかもしれませんよ。^^;

育て方は、ピレアも明るめの風通しのよい場所が最適です。直射日光は好みませんので室内の明るめの場所で育ててあげましょう。水やりも土が乾いたらたっぷりと。冬場は控えめにあげてください。
観葉植物は基本的には毎日のように水やりは必要ありません。種類によって多少違いますが、土が乾いてからくらいの水やりにするようにしましょう。寒さには多少弱めですが室内でしたらあまり問題ないでしょう。

女性におすすめの小さな観葉植物その6.ペペロミア

ちょっと前に紹介した『スイカペペ』もペペロミアでしたが、最後にもう一度ペペロミアをご紹介します。
『スイカペペ』はひとつの株の根元から複数の茎が立ち上がって生えるのが特徴の株立ちタイプですが、ここで紹介したいのが最近人気の垂れる系のペペロミアです。

ペペロミアもたくさんの種類が多く、垂れる系のものも数多くあります。気に入った垂れるペペロミアを天井から吊るしたり、棚から垂れ下がらせたりすると結構おしゃれになったりしますよ!
室内で育てられる多肉のようなものなので、ペペロミアは丸い葉っぱが多く管理も簡単で特に女性に人気の植物です。垂れる系の植物をひとつ持っているとワンランク上のグリーンライフを楽しめると思います。

管理は先ほども言ったようにとても簡単です。多少暗めの場所でも大丈夫で、水やりもそんなに頻度は多くなくて大丈夫です。成長もゆっくりなので植え替えの回数も少なくすむ観葉植物です。
とはいえほったらかしは禁物です。毎日ペペロミアに癒されながら、楽しく管理してあげてくださいね!

植物を愛でる女性は、きっと生活も豊かになるはずです。

異性から見ても植物を大事にしている女性にはほっこりさせられるはずです。お部屋に観葉植物があったりすると好印象らしいですよ。笑

やっぱり植物を元気に育ててくれる女性は、いろいろと素敵な部分がいっぱいあると思います。また植物を育てることでいろんな気づきもでてきて、優しくおおらかな女性にきっとなれるはずです。この機会に植物を育てる楽しみをぜひ経験してみてはいかがでしょうか?

ということでおすすめの観葉植物、メンズ編に続いて女性編をお送りしてきました。いかがだったでしょうか?
コロナ禍でグッと人気があがった観葉植物ですが、お出かけできるようになっても大事に育ててあげてくださいね!植物を元気に育てられるときっと生活も豊かになるはずです。
毎日植物達を癒しつつ、こちらも癒されて、、、win-winな暮らしを満喫していきましょう!それでは素敵なグリーンライフを!!