人口観葉植物なら光触媒がおすすめ!お手入れ簡単、消臭効果も。

天気の良い日には、緑いっぱいに囲まれたカフェに行くと癒されますよね。太陽にキラキラ照らされた木々や花を眺めながらのんびりコーヒーを飲んでいる時間は至福です。「カフェに行った時だけじゃなくて、家の中にもそんな緑の癒しが欲しい!」って思ったことはありませんか?

「はじめてだと植物のお手入れは大変かも…」と感じるかもしれませんが、光触媒加工の観葉植物なら、水やりのお手入れ不要で簡単に生活空間に緑を取り入れることができます。

人工の観葉植物でありながら、ぱっと見はリアルな植物と遜色ない光触媒。嬉しいことに、お部屋に飾ることで消臭・抗菌効果もあるんです!そんな光触媒を購入する上で抑えておきたいポイントやメリットなどをまとめました。

「光触媒」って何?

まず光触媒とは何かについて、です。

光触媒(ひかりしょくばい、英: photocatalyst)は、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称である。また、光触媒作用は光化学反応の一種と定義される。

引用:wikipedia、光触媒

はい、難しいですね(笑)

簡単に言うと、「光を当てることで、化学物質を分解するもの」を光触媒と呼んでいます。「化学物質を分解する」というのは、有機物や細菌を分解することと置き換えると分かりやすいでしょう。

光触媒は、日光やライトの光を当てることで、お部屋の空気中に含まれる細菌・雑菌などの有害物質を分解してくれます。そのため抗菌・除菌に役立つと言われているのです。

参考:国立研究開発法人 国立環境研究所 光触媒

観葉植物として飾っているだけで、お部屋の空気をきれいにできるというのは嬉しいですよね。そうなると気になるのは「普通の観葉植物とそんなに違いがあるの?」ということです。

普通の観葉植物と何が違うの?

観葉植物が”ナマモノ”であるのに対し、光触媒加工のものは”人工の緑”です。共通するのは、飾るとお部屋がおしゃれになる!ことでしょうか。

下記に光触媒のメリットともいえる特徴をまとめましたので参考にしてください。

  • 水やりなどのお手入れが不要
  • 虫除けをしなくて良い
  • 汚れた時の掃除が簡単
  • 枯れる心配がない

私から見るとメリットいっぱいな光触媒ですが、人工物であるために「成長しない」というのは、育てる楽しみや成長過程の変化を味わいたい方には物足りないかもしれません。

しかし、「癒し空間を作りたいけれどなかなか手間をかけてあげられないのでは…」と心配な方にはおすすめです。

光触媒加工はお部屋そのものにもできる!

今回ご紹介したのは観葉植物のみですが、光触媒のスプレーを使って室内をコーティングすることでも、光触媒の効果を発揮させることができるようになります。

光触媒コーティング

リビングやトイレだけ、エアコンやカーテンにピンポイントで、といった具合に、希望する箇所だけにコーティングできるのもいいですね。

参考:株式会社リレース 光触媒コーティング

観葉植物はもうすでにあるけれど光触媒のような効果も欲しいという場合は、このようにお部屋の場所ごとの加工も依頼することができます。

光触媒の効果については、お部屋の広さ、観葉植物の大きさによって変わります。しかし、光触媒のすごいところは、光を当ててあげれば効果が持続すること。芳香剤などを使うのも良いですが、光触媒加工の植物を使えば、ナチュラルな癒し空間が作れる上に空気を浄化してくれるので一石二鳥です。

光触媒スプレー

家電メーカーとして有名なシャープも、光触媒スプレーを販売していて、お部屋の中のニオイや汚れが気になる箇所に簡単に使えます。

参考:SHARP 光触媒スプレー

こちらは業者に依頼するよりハードルも低いので、まず光触媒の効果を試してみたいという方に良いでしょう。

まとめ

感染予防対策としても、抗菌効果は日頃から気にしておきたいですよね。光触媒のような効果を発揮してくれるものを取り入れれば、手軽さと安心の両方を手に入れることができるかもしれません。

これから観葉植物を飾りたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください!カフェのような素敵なお部屋づくりのヒントになれば幸いです。

文:nakatae