本格四川麻婆豆腐丼レシピ。「辛くて美味い麻婆豆腐」に必要だったのは、あの調味料でした。

中華で一番好きなのは、なんといっても餃子。その次に好きなもののうちに、麻婆豆腐がランキングしています。これは全国的調査でもなんでもなく、たんなる個人的主観のランキングですがそれはさて置いても、麻婆豆腐ってなんとも言えない中毒性がありませんか?無性に食欲をそそられてしまうスパイシーなあのツーンとする香り。そして辛さと甘さが共存した濃厚な味。麻婆豆腐を食するときに、白いご飯は絶対に欠かせません(きっぱり)。

そんな、みんなが愛すべく本格的な麻婆豆腐。辛さを楽しむなら四川でしょ。と、四川料理の何たるかもよくわからない適当さでも、いざ作ってみたら、なぜか本格的に美味しくできてしまったというレシピをご紹介します。

本格四川麻婆豆腐には、必要な調味料があったんです。調味料さえ揃えてしまえば、作り方は比較的簡単。アウトドア、キャンプでも全然つくれちゃいますよ。

さて、今回はアウトドア料理としてつくっているのでメスティンでご飯を炊いていますが、もちろん炊飯器でもOKです。白いご飯は欠かせませんので、炊飯器のスイッチ押し忘れた!というのだけはご注意を。では始めますね!

本格四川麻婆豆腐丼のつくりかた。

材料(1人分)

・豚ひき肉 50g
・長ネギ  1/5本
・ニラ   少々
・木綿豆腐 1/2丁
・片栗粉  大さじ1と1/2
(水で溶いておく)
・炒め用の油  少々

【仕上げの調味料】
・ラー油   少々
・山椒    少々

【調味料A】
・にんにく(すりおろし) 小さじ1/2
・しょうが(すりおろし) 小さじ1/4
・豆板醤  大さじ1/2
・甜麺醤  大さじ1/2
豆豉醤  大さじ1/2
【調味料B】
・鶏がらスープの素 小さじ1
・水    100ml
・酒    大さじ1/2
・醤油   小さじ1
・こしょう 少々)

・メスティンで炊いた白飯(米1合と水)

1.調味料を合わせて、材料をカットする。

1. 調味料(A)をそれぞれ量って器に合わせておきます。

2.調味料(B)を量って混ぜて合わせておきます。

3. 木綿豆腐を1.5cm角に切ります。手のひらで切るときは、押して切ります。包丁を引いてはいけません。(知っていると思いますが、手が切れます)

4.ニラは3cmくらいにカット。ネギは細かく刻んでおきます。

2.ひき肉を炒めて、調味料を入れる。

1.フライパンに油をひき、豚ひき肉を色が変わるまで炒めます。

2..合わせておいた調味料(A)を加えます。1分ほど、しっかり炒めます。

3.合わせておいた調味料(B)を加えます。

3.豆腐を加えて、煮る。

1.豆腐を入れます。(器に残ってた調味料も溶かして追加。)

2.ネギを入れて3分くらい煮ます。

4.片栗粉でとろみをつける。

1.一旦火を止めて、水で溶いた片栗粉を投入。しっかり混ぜ合わせてから、ニラを加えて火をつけて1分煮ます。

5.調味料を加えて、できあがり。

ラー油と、山椒を好きなだけかけたら、本格四川麻婆豆腐のできあがり。

6.メスティンで炊いた白飯にたっぷりかける。

しっかり味の、辛くて美味い四川麻婆豆腐ができました。白いご飯がとにかく合う!(何度もくどい)。

「辛くて美味い四川麻婆豆腐」に必要だった調味料はこれ。

今まで使ったことがなかった調味料は、これ、「豆豉醤(とうちじゃん)」。豆豉醤とは、塩を加えた黒豆に麹と酵母を加えて発酵させた豆豉を、ペーストにしてニンニクなどを加えたもの。麻婆料理に独特の風味を加えてくれるそう。お初の調味料だけに、ドキドキでしたが、豆板醤、甜麺醤のみ使った時にはなかったコクが出た気がします。

それと、山椒も欠かせません。本当は、花椒(ホアジャオ)という花山椒を使いたいのですが、手に入りにくいのでスーパーで買える山椒を使いました。そう、うなぎにかけるやつです。ラー油も、手作りのものとか使ったらまたさらに美味しくなるような気がします。

ということで、辛くて美味い四川麻婆豆腐は、「調味料を揃えること」が最大のコツだと思います。スーパーで揃えられるのでぜひ、白いご飯と一緒にお試しください。揃えて量ってしまえば、あとは煮るだけという簡単レシピです。

動画で詳細をチェックしてください。

いつも使ってるメスティン。ご飯が上手に炊けます。