静岡鷹匠でのんびり過ごしたいブックカフェ『ひばりブックス』

穏やかな雰囲気の、こじんまりしたブックカフェに行ってきました。

2020年9月に静岡市街の鷹匠エリアにひっそりオープンしたのが、こちらの『ひばりブックス』
水落交番や常葉大学がある交差点からすぐの商店街の並びにあります。

レトロなビルの1Fにあります。

入り口壁には手描きされた、ひばりとロゴが素敵!

実は、鷹匠におしゃれなブックカフェができたらしい、と噂には聞いていたので、ずっと気になっていましたが、やっと伺うことができました。

街路樹が綺麗に並ぶ鷹匠の大通り沿いにひっそりながら、静かに放つその存在感。

ウェブサイトを見ると、多くを語らないながらも、洗練されつつ穏やかで温かみを感じるお店を予感させます。

ひばりブックスは、新しい発見のある本屋さん

私は根っからの本好きですが、そんな私ですら、ここ数年はすっかりネットショップで目的の本をポチッとするというショートカットな購入方法が増えていました。でも、その買い方では「目的の本に一直線」でしかなく、おすすめも出てきますが、関連のあるものは出てくるものの、まったくの未知との遭遇はネットではなかなかできません。

それでいくと、やはり店頭でたまたま出会う本との出会いは、本当に一期一会という感じ。この感動を忘れてはいけない…!という気持ちになります。

 

『本屋に行って知らなかった本と出会う、その喜びをもう一度。
ひばりブックスは、そんな発見と願いのある店作りを第一にしていきます。』

 

というメッセージを掲げているひばりブックスさん。
本好き、本屋さん好きの心を、がっちり鷲掴みですね。私もがっちり掴まれました。笑

 

『ゆるやかに選書された本が並びます。詩集・短歌、外国文学、人文書、ノンフィクション、サイエンスエッセイ、デザイン書、画集、写真集、絵本、児童読み物など取り揃えています。』

 

との通り、並ぶ本たちは、週刊誌や月刊のファッション誌など、大きな本屋さんやコンビニにも見慣れた本もあります。でも、なんだかちょっと新鮮でもあります。

レアな本だけでなく、流通の多いメジャーな漫画雑誌や情報誌などは、ご近所さんの需要にも応えているようで、ほっこりしますね。こちらのインスタの投稿ではオーナーさんの優しさを感じる可愛いエピソードを発見!

 

文芸、専門書、小規模発行のZINEまで、広いバリエーションから、ぎゅぎゅっと集められた精鋭たちと言った感じ。 オーナーさんこだわりの選書だということが伺えます。

こだわりの選書と同じように週刊誌や月刊誌が並ぶところを見ると、偏見なく、本当に本や本がある空間が好きな方なんだろうなあ、と勝手に想像します。本好きな人はいい人です!笑

京都の恵文社さんみたいなセレクトで、あまり静岡にはない本屋さんの雰囲気でワクワクします。

カフェ・ギャラリー併設で、心が豊かになる空間

店舗の入り口から真ん中くらいまでは新刊書籍が並ぶ本屋さんエリアで、奥はカフェ&ギャラリーとなっています。

ちょうどわたしがお邪魔した時は『ちばえん』さんの展示をやっていましたよ。
表のウインドウにもこのモジャモジャの人(?)のポスターがあって、なんだろう?と引き寄せられました。

店内で飲めるコーヒーは、下北沢『COFFEA EXLIBRISのスペシャルティ・ロースター太田原一隆さんが焙煎する豆を使用しているのだそうです。テイクアウト用のコーヒー豆の販売もしているようでしたよ。

一緒にいただきたいケーキは、ひばりブックスの並びにある、昭和レトロな佇まいの『スヰング洋菓子店』さんのもの。

お邪魔した日はたまたまちょっと寄れただけでゆっくり過ごすことができずに、後ろ髪を引かれながら帰ってきたので、絶対にのんびり過ごしに行きたいな、と決意したのでした。

こんなこころ安らぐ穏やかな空間、家の近くにあって欲しい!

便利なだけではない、出会いがあるから本屋さんは楽しい

静岡市内では、大きな書店は葵タワーの戸田書店が閉店してしまって、本屋さんは減る一方という印象でした。そんな中、個人の本屋さんができるのは大手の本屋さんができるよりもさらに何倍も嬉しいことです。

“本好き憧れの本屋さん”といえば前にも出てきましたが、こだわり選書の老舗で本好きが集まる京都の『恵文社』や、1冊の本だけを扱う銀座の『森岡書店』など、全国から本好きがわざわざ訪れる本屋さんは各地に色々ありますね。

しかも、ただ本を買うところというよりは、カルチャー発信地という雰囲気。
実際にどちらもインスタを見ると、ちょっとぱっと見、本屋さんと言う感じではないですね。笑

以前、神戸に旅行に行った時にもたまたま見つけてフラッと入った小さな本屋さんがいくつかあって、オーナーさんと長くおしゃべりした思い出があったりします。
そこも、本屋さんというより、編集プロダクションの事務所で展覧会もやっていたりしていました。お店の名前を忘れてしまったのですが…。そういえば、バーが併設しているリトルプレス専門店みたいなところにも行きました。

小さな本屋さんは、その町のカルチャーを作っている。そんな感じがします。

そんな本屋さんを、自分でもやってみたい!という気持ちが実は昔からあるのですが、こればっかりは、なかなかできません。オールジャンルから選書する知識や経験も、運営するのも大変。。でもいつかはやってみたい!かな?

なので、多大なリスペクトをこめて、まずは本屋さんを応援したい。
みなさん、素敵な本屋さんに行きましょう!