静岡に来たらギフトもスポットも春華堂が面白い!

2021年静岡でとっても元気な企業のひとつ、春華堂。

カフェライフマガジン編集部のある静岡は、とても温暖で日本の真ん中という便がいい訪れやすい素敵な土地です。富士山を始めたくさんのスポットがあり、遊びに来るのにはおすすめな場所です。私たちがこれからオープン予定のカフェ&スタジオのU2KANAYAもそんなスポットのひとつになれたらいいなぁと思ってます。^^;

そんな静岡のいくつかある有名スポットの中で、今一番おすすめしたいところ(お店)が春華堂さんです。2021年現在とても元気のある企業で、面白い取り組みをいくつもしています。
地元静岡のおすすめスポットということで、今回はそんな春華堂さんのアレコレを徹底的に紹介させていただこうと思います!

お土産のお菓子といったらコレ!春華堂の「うなぎパイ」。

日本全国のお菓子のお土産ランキングでもトップを争っているのが、春華堂の「うなぎパイ」です。静岡にいようがいまいが手に入るお菓子です。笑

0622syunkado02.jpg

「夜のお菓子」というキャッチな売り文句は2代目社長の一家団欒の夕食で食べてほしいという想いからだそうですが、「うなぎ=精力アップ」というイメージもあいまっていろんな意味で人気になったようです。^^;
今の勢いのある春華堂さんを見てると、いろいろと戦略的だったんじゃないかなぁという思いもありますが(笑)、なんだかんだ言って静岡ナンバーワンのお土産になりました。

うなぎパイの製造過程が見られる「うなぎパイファクトリー」。

お土産の定番のうなぎパイですが、春華堂のある浜松ではその製造過程が見られる「うなぎパイファクトリー」があります。

0622syunkado03.jpg

「うなぎパイファクトリー」は、長年製造を続けてきた神田工場の老朽化に伴い、より安全で安心な商品をお客様に提供するために製造工程を見学できる工場施設として2005年に開設され、社会科見学ブームもあって、年間約68万人が訪れる人気観光スポットになっています。
工場の製造過程を見せるプロモーションは昨今多くの企業が取り組んでいますが、春華堂もこういったエンターテイメントプロモーションはどうやら得意なようです。「うなぎパイ」の人気にあまんじることなく、お客様を楽しませようとする姿勢はサービス業の一番大事なところかも知れませんね!

うなぎパイファクトリー公式サイト

2014年開業の新業態「nicoe(ニコエ)」がオシャレでおすすめ。

「お菓子の新しい文化とスタイルを発信する、浜北スイーツ・コミュニティ」としてスタートしたのが新業態の「nicoe(ニコエ)」

0622syunkado04.jpg
0622syunkado05.jpg

スイーツを通じて子供から大人まで楽しめる文化的な要素も多く含んだ複合施設のnicoe(ニコエ)は、ロゴマークの制作から建築、ユニフォームから音楽までたくさんのクリエイターたちもこのプロジェクトに参加しています。このプロジェクトからも春華堂はプロモーションにかなり力をいれているのが分かります。いろいろやってみよう!という挑戦の姿勢は浜松の企業では多く見られます。私たちユノートルもその姿勢はしっかりと見習いたいと思います。(^∇^)

nicoe(ニコエ)公式サイト

2021年4月、新しくオープンした「スイーツバンク」が映えすぎる!

先日浜松に別件で行ったところ、目の前になぜか巨人用の大きなテーブルと椅子が!?ここが新しくできた春華堂の「スイーツバンク」とのことでした。

0622syunkado06.jpg

さっきは挑戦の姿勢は見習おう!と言ってましたが、正直ここまでの施設を作るのはなかなか勇気がいるなぁと。^^;
やはり私たちの想像の斜め上を行く春華堂さんですね(笑)。

ここの特徴はその名前からも想像できますが、なんと「浜松いわた信用金庫」さんが併設されている複合施設ということ。金融機関の堅苦しいイメージを一瞬で吹き飛ばします。笑
「おいしい思い出をためよう」という気の利いたキャッチコピーも素敵ですが、ギフト中心にカフェ&ベーカリーやシェアスペースなど面白い施設になっています。

スイーツバンク公式サイト

「うなぎパイ」以外にもたくさんのスイーツで静岡から発信。

工場見学から新業態の施設まで、春華堂の挑戦は多岐に渡ります。もちろんスイーツもたくさんの種類が用意してあって、静岡のお土産の市場を彩っています。

0622syunkado07.jpg

春華堂さんの取り組みを見ていると「うなぎパイ」が一朝一夕で人気になったわけではないことがよく分かります。さまざまな挑戦や発信を繰り返しながら、多くの人にあいされる商品づくり・企業づくりに取り組んでいるんだなぁと感心させられます。

私たちもギフトショップとしての活用も今後視野に入れているので、規模こそ違いますが多くのことを春華堂さんから学んでいきたいと思います。

静かに来たら一度は春華堂さんの施設を覗いてみることをおすすめしたいと、そう感じて今回は記事にさせていただきました!9月以降は春華堂さんと合わせて、私たちの施設「U2KANAYA」もどうぞよろしくお願いいたします!笑

春華堂公式サイト